歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ
ホーム ご挨拶 研究会の趣旨 メンバー 活動状況 ニューズレター リンク 更新履歴 COEトップ


■研究会/セミナー/シンポジウム
■調査・出張 ■ノート



<終了した研究会>

第2回国際シンポジウム
  近世中・東欧における地域とアイデンティティ
   Regions and Identity in Central and Eastern Europe in the Early Modern Period
日 時  : 2004年3月6日(土) 午前10時30分〜午後5時
場 所  : 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホール (京都市左京区吉田本町)
報 告  : Hubert Laszkiewicz (ルブリン・カトリック大学〔ポーランド、ルブリン〕)
Thomas Winkelbauer (ヴィーン大学オーストリア史研究所)
Stephen C. Rowell (リトアニア歴史学研究所〔リトアニア、ヴィルニュス〕)
コメンテーター:
(予定)

羽場 久シ尾子 (法政大学)
野村 真理    (金沢大学)
大津留 厚    (神戸大学)
西川 杉子   (神戸大学)
小山 哲     (京都大学)
司 会  : 服部良久/小山 哲(京都大学)
 →詳細はこちらをご覧ください

第7回研究会
日 時: 2004年1月18日(日) 午後1時〜5時
場 所: 京大会館・102会議室
報 告: 佐久間 大介氏(京都大学・院)
 「18世紀後半から19世紀初頭のティロールにおける「地域」と「境界」」
宮坂 康寿氏(京都大学・院)
 「ラインラントとヨーロッパ」

第6回研究会
日 時: 2003年12月7日(日) 午後1時〜5時
場 所: 京大会館・102会議室
報 告: 川島 昭夫氏(京都大学)
 「アンティクワリアニズムとイギリスの過去」
中村 敦子氏(京都大学非常勤講師)
 「ヨーロッパの仲間入り―イングランド史におけるノルマン・コンクェスト理解をめぐって」

第5回研究会
日 時: 2003年10月5日(日) 午後1時〜5時
場 所: 京大会館・102会議室
報 告: 橋川 裕之氏(京都大学・院)
 「フィルヘレニズムとビザンティニズム
   ―ビザンツ研究の歴史から読むヨーロッパ―」
堀内 隆行氏(京都大学・院)
 「19世紀末ケープ植民地とヨーロッパ・アイデンティティ」

第1回国際会議

 古代世界における物質文化、意識そして歴史的アイデンティティ
    〜ケルト人、ギリシア人とローマ人、そして近代ヨーロッパ人の理解のために〜
日 時: 2003年9月20日(土) 午前10時15分〜午後5時15分
場 所: キャンパスプラザ京都
開催趣意&プログラムはこちら


第4回研究会
日 時: 2003年7月20日(日) 午後1時〜5時
場 所: 京大会館・102会議室
報 告: 井野瀬 久美惠氏(甲南大学教授)
 「「島国」の選択 ―ブリテン、帝国、ヨーロッパ―」
杉本 淑彦氏(京都大学教授)
 「ナポレオンとヨーロッパ」

第3回研究会
日 時: 2003年4月27日(日) 午後1時〜5時
場 所: 京大会館・102会議室
報 告: 羽場 久シ尾子氏(法政大学教授)
 「拡大EUと中欧のアイデンティティ」
松本 悠子氏(中央大学教授)
 「アメリカ意識の構築とヨーロッパ 〜新世界、西洋文明、白人〜」

第1回セミナー

 日 時: 2003年4月22日(火) 午後5時〜7時半
 場 所: 芝蘭会館・2階研修室
 報 告: ジョン・ノース氏(ロンドン大学教授)
       「キケロとローマの神々」

第1回セミナー 報告者急病のため、開催は中止されました。
 日 時: 2003年3月8日(土)
 場 所: 京大会館・211会議室
 報 告: G・アルトホーフ氏(ミュンスター大学教授、ドイツ中世史)
       「中世ヨーロッパにおける貴族の紛争ルールとコミュニケーション」

第2回研究会
 日 時: 2003年3月2日(日) 午後1時半〜5時
 場 所: 芝蘭会館・2階研修室
 報 告: 羽田 正氏(東京大学教授、東洋文化研究所)
       「ヨーロッパとイスラーム世界?」

第1回研究会
シンポジウム「歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ」をふりかえって
 日 時: 2002年12月27日 午後1時半〜5時
 場 所: 御車会館
 報 告: 大津留 厚氏(神戸大学)
       「「東」の「東」」
       杉本 淑彦氏(京都大学)
       「ヨーロッパ・アイデンティティとナポレオン体制」
       ほか

シンポジウム
歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ  〜新しいヨーロッパ史像を求めて〜
 日 時: 2002年11月3日 午後1時〜6時
 場 所: 京大会館
 報 告: 庄子 大亮氏(京都大学)
       「古代ギリシアとヨーロッパ・アイデンティティ ―ヨーロッパの源流としてのギリシア像再考― 」
       小山 哲氏(京都大学)
       「ヨーロッパ統合と東中欧史の構築 ―「妹」の居場所を求めて― 」
       原 聖氏(女子美術大学)
       「ブルターニュにとってのブリタニアとケルト ―精神史としての起源史― 」
 コメンテーター: 江川 温氏(大阪大学)、井野瀬 久美惠氏(甲南大学)
 司会: 谷川 稔氏(京都大学)、服部 良久氏(京都大学)


ホームご挨拶研究会の趣旨メンバー
活動状況ニューズレターリンク更新履歴COEトップ
京都大学大学院文学研究科/21世紀COEプログラム
「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」
13研究会「歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ」
Europid